2009年4月18日土曜日

Cupbord / 完成

 

このカップボードはキッチンキャビネットとして建物に備え付けました。
お客様の要望で両サイドも仕上げてありますが固定式です。
弾き手はなしのフィンガープル方式でシンプルな外観となっています。

床から天井まで1センチ程短く作り、モルディングでふさいであります。
取り付けまで現場には行かなくても作製前の打ち合わせ段階で
こちらから指定した寸法を測って頂き、希望される高さや収納スペースを
簡単なスケッチをして頂ければ、それを基にこちらで作成可能な形に製図し、
確認後作製に入ります、このキャビネットで製作日数約一週間で出来ます。

今回は木目の見える白木で仕上げてほしいと言う事で、
白木の柾目を使用し、ホワイトウォッシュで仕上げました。

他にも様々なスタールを作る事が出来ます、総システムキッチンも行います。
構造は輸入キッチンと同じ工法で作り、壁から壁、床から天井と
お望みの寸法で、日本人の体と生活様式に合ったキッチンを作ります。

たとえばカウンターの高さが北米製品では900ミリが標準ですが
日本のガス調理機器に合った高さは800〜860ミリになっています。
アメリカでの Cabinet maker としての経験を生かし、
日本の一般的なフラッシュ家具製作会社とは一味違った、洗練されたデザインで
表面には無垢板を使用しお望みの My Kitchen を作ります

カスタム・キッチンキャビネットの価格は床から天井まで
横幅30センチあたり3万円から6万円と予算に合ったランクで作製出来ます。


2 件のコメント:

rakuda ito さんのコメント...

なかなか素敵なカップボードですね!
かなり好みの感じです。
ブログ楽しみに拝見しております。

seikast さんのコメント...

若吉:rakuda itoさん、コメント嬉しいな!
作っていて楽しいなと思う事を書いて行きます、またコメント下さいね。